セクキャバ・キャバクラ・風俗の面接術

仙台の夜の街

全国には、まだまだ知らない街や風景がたくさんあると思いますが、このホームページをご覧になっている方々の中に、東北の地を訪れたことがある人はどれくらいいるでしょうか?

きっと、かなり少ないユーザーの方が手をお上げになったと思います。そんな中、今回ご紹介する街は、東北は宮城県仙台市にあります杜の都の繁華街「国分街」についての考察です。このあいだの東日本大震災は記憶に新しいことと思いますが、その復興景気で一機に歓楽街としての盛り上がりを見せたのが、なにをいっても、この街。
キャバクラ店の数は当初の600件から、一機に750店舗を超え、その盛り上がりはとどまるところをしりません。全国各地の主要都市から、夜の蝶たちが仙台へ多く流れ、出稼ぎで仙台のキャバクラではたらく方が数多くいました。そして、震災から2年、その盛り上がりはどこ吹く風、仙台はすっかり、依然のけんそんを取り戻しつつあります。

地元の住民からすれば、震災の影響がだいぶ落ち着いたにも関わらず、全国から流入する様々な企業や人に、半ば疲れのようなものも感じていたものですので、現在のような落着きを取り戻したことは、非常にありがたいことではあるんですが、そういった飲食店経営にいそしむ方々にとっては、どうしても受け入れがたい現実のようです。
とある経営者はこう言います。「震災前までは、あまりの景気の悪さに、この店もここまでか。とあきらめかけていたが、震災が来たことで、1980年代のようなバブル時代を思い出しました。そして、またそのバブルが音を立てずに少しずつはじけていく気配を感じます。」と。我々の世代にとっては、もはやバブル期のこういった繁華街の売り上げ状況は定かではありませんが、そういった見方もあるものかと、少し考えさせられた瞬間でした。

RECOMMEND SITE

Site Title

JK Bar(じぇーけいばー)

女子高生風ガールズバー
Site Title

OL Bar

かわいいOL衣装の女の子がたくさん!
Site Title

Dragon Mix Bar Rio-リオ-

大手ガールズバーが仙台上陸!